やけどは誰でも1度は経験したことがあると思われます。やけどの程度は、熱の温度と皮膚に受けていた時間によって決まりますが、瞬間的に高温の熱を受けた場合のやけどは比較的浅いもので済みますが、低温でも長時間熱を受け続けていると、深いやけどになってしまいます。やけどの症状は皮膚の損傷を受けた深さによって、1-3度に区分されます。シアリス

1度

表皮のみの損傷です。ヒリヒリして赤くなります。一時的に色素沈着がありますが、数日で自然に治り、やけど跡は残りません。

2度

皮膚が赤くなります。水ぶくれができ、といった症状があります。傷が浅いものは、10日~2週間ほどで治るとされており、傷が深いものであれば、3週間~4週間で治るとされています。感染を起こさなければ、傷痕は残らないとされています。レビトラ

3度

やけどを起こした皮膚は壊死し、神経にも影響しているために痛みを感じません。皮膚の表面は白くなるか黒く焼け焦げてしまった状態になります。やがて壊死した皮膚は脱落し、そのあとは深い潰瘍になります。やけどが広範囲の場合、尿が少なくなったり頻脈になったりします。やけどの面積が10%以上の場合、ショック症状を起こすこともあります。